結局は国政っすか!?

東国原宮崎県知事が国政に参加しようとしています。

本当にするとは。。。

地方自治の統括である県知事になったら、

そりゃぁ国政にも参加したくなりますよね。

宮崎のためとか何とか言ってるけどさ、

単純に国政に手を出したいだけよね。

地方に利益の循環を!

とかいってるけどさぁ。

実際に地元のために努力したのは、

田中角栄ぐらいではなかろうか。。。

それ以外って地方への貢献具合が小さいよね。

それくらいの覚悟があるならわかるんだけど、

なんとも国政に参画したからといって、

宮崎に有利になる状況は作れるわけでもないと思うのなぁ。

やはり第二の田中角栄を目指すのか?

でもさぁ。。。

立候補の前提条件がいただけないよね。

自民党総裁選候補とするって。。。

どんだけ欲張りなんだ?

「宮崎のため」

「宮崎に貢献」

とか言ってた割には、

国政への参加が唐突に進んじゃったので、

印象が悪くなってしまうのは仕方がない。

本当に立候補したら、

自民党にとっては起死回生なんだろうなぁ。

鳩山代表の偽装献金問題もタイムリーなので、

政治ゲームがスタートしたカンジ。

なにより、

この手の勝負に対して民主党ってのは弱すぎるね。

さて、

どうすんのかな?