機動戦士ガンダムSEEDを見直してみる PHASE-19-PHASE-50

機動戦士ガンダムSEEDのDVDを視聴完了。

とりあえず、

毎晩寝る前に見ることにしていたら終わってしまいました。。

やっぱり細かいところを忘れているなぁ。

いろいろ気づかせてくれました。

1.ケバブ紛争
アンディ・バルトフェルドとは、ザフト支配下の集落でケバブを食事中に遭遇します。
ランバ・ラルとアムロの遭遇とは違って、幸せそうなドタバタ劇ですが、
最終的には、お互いを敵と認識して。。。

2.ビビアン=アイシャ
21世紀のクレウラ・ハモンであるアイシャは、ビビアン・スーが演じています。
なんとなく演技がぎこちないけどね。
存在価値を表すには、ハモンのようなオーラがなかったのと、
登場シーンも少ないし、主人公との絡みもないので残念なキャラ。
ビビアンを出演させるために作ったのか?

3.∀ハロ
プラントにあるラクスの家で、ラクスはネイビーブルーのハロにひげを書きます。
ひげ? しかも白いひげ。。。ひげ?
見た目は、∀ガンダムのひげです。
こんなところに隠れキャラを盛り込んでるとはね(笑)

4.ラクスの告白
アスランとキラについて会話していたときに「あの方、好きですわ」だって。
こんなに早く発言していたのね。
まぁ、人間として好きってことですよね。

5.ラゴゥが人型だったら?
ストライクガンダムとラゴゥの最終対決がカッコいい♪
哀・戦士編を意識した対決構図なんでしょうが、
敵機は、犬型モビルスーツラゴゥなので、ビミョーな空気があります。
カッコいいけどかわいい、カッコかわいい(笑)
これが人型のモビルスーツだったら、すげぇカッコよかったかもしれないのにね。
対決しながら展開される会話は、
戦う理由について言及されるところですね。
戦わざる得ない状況なのだから、戦って決着をつける。
それがイヤなら。。。って問いかけなのかな?
アンディ・バルトフェルドのトラ柄ノーマルスーツが笑いを誘うのはナゼ?

6.フレイのサービス
フレイってなんなんだ? すぐに身体求めてくるし(笑)
フレイが出てくるシーンは嫌いです。
だって出てくる理由が良くわからないんだもん。
フレイの存在は必要だったのか?
最終回まで見れば価値がわかるのでしょうか?

7.覚醒頻度が高い
キラがSEEDを持つものとして、通称「タネワレ」と呼ばれる覚醒シーンが多いです。
窮地に追い込まれることで覚醒する頻度が非常に高くなってます。
この繰り返しによって、後半自由に覚醒したりするようになるんでしょうね。

8.鯨の化け物の化石
これなんだっけ?
鯨みたいなのに羽が生えている化石が出てくるけど、なんだったっけ?
初期の段階で結構触れられるんだけど、なんだったのかよくわからない。
「人類が希望を見出した」とか「人類はまだ先へ行ける」とか、
なんかコーディネーターとかとも関係しているみたいなカンジ。
「エヴィデンス01=地球外生命体の化石」だそうで、
ジョージ・グレンが発見したということらしい。

9.ラウ・ル・クルーゼ苦しむ
ムウ・ラ・フラガの父親アル・ダ・フラガのクローンなだけあって、
テロメアが短く老化も激しく細胞崩壊してしまうため、
時々苦痛に襲われ常備薬が欠かせません。
この手の設定は終盤に説明されますが、あんまり印象に残ってないなぁ。
結構一気に語られたので、ちょっともったいない。

10.自動車の運転は15歳でもOK
プラントというか、コズミック・イラの世界では自動車運転は15歳でも出来るようです。
機動戦士ガンダムのようなエレカではなく、普通の自動車みたいですが、いいのかな?

11.ザフトのモビルスーツデザインの微妙さ。。。
どちらかというとデザインセンスを問いたくなるザフト軍のモビルスーツですが、
初登場時のジンなんかは、演出でカバーできていますが、
飛行タイプのディンなんかは、ビミョーな変形で、
急に大気圏内を自由に飛行しちゃってくれてますからねぇ。
SEEDの世界では羽付のモビルスーツは自由に飛行可能なようです。
技術ってすごいね。
水中用モビルスーツなんかは、カッコわるい。

12.話が飛ぶ
各話の間が急に飛んでいるような気がする。
アスランとカガリが出会う話の次に救出されて合流して。。。
って展開と思うのだけど、
次の回では、急にアークエンジェルを攻撃するザフト軍のシーンから始まる。
作戦の内容とか描かれないし、救出されたアスランについても触れられていない。
おまけに、既にアークエンジェルは瀕死の状態。
展開が急過ぎません? 思わずDVDの順番が合っているかを確認しちゃったよ。

13.総集編&思い出しという名の総集編
やっぱり総集編が多い。このあたりはほとんど総集編。
回想シーンが長いので、総集編が多く見えてしまう。
終盤では総集編はありませんが、
回想シーンが多いので結局10話分程度が総集編になってるんじゃないかと思う。

14.オーブと言う日本っぽい国
放送時は、イラク戦争真っ只中で戦争と平和についてかなり意識をした作りになってます。
オーブという中立国家が出てきますが、設定としてはスイスではなく日本です。
非核三原則みたいな武力に対する方針もあるし、技術革新に対する意欲は豊富だし、
世界からも技術力と国力については一目置かれているわけです。
まぁ、今の日本じゃガキの政治ってカンジだけどね。
ウズミのキャラクターはいい味を出しています。
この人を残しても良かったのではないかと思います。
だって、10代の子供たちに政治やらせてはいけないでしょ?

15.オーブ入港までのストーリー展開
オーブ初入港までのストーリ展開などが実に遅い。
なんか不要な振り返りとか回想が多いし、
カガリの正体がばれるための布石とかもあるけど、
もう少しあっさり入っても良かったのかなぁと思うのと、
アラスカ JOSH-Aの後に初入港でも良かったと思うなぁ。
このあたりはトロトロしたストーリー展開で退屈。

16.玉置成美デビュー
第3期のオープニングでシンセトランスベースのオープニングに変更。
ノリノリの曲調で若手の玉置成美のデビュー曲です。
最近見かけないけどどこへ行った?

17.キラV.S.アスランは静止画で楽しめってか?
ニコルのブリッツを倒されて、マジ切れよろしく状態での対決が展開されます。
だいたいニコルの戦い方が弱すぎると思うけど。。。
友達と敵対してタイマンするという劇的なシーンなんですが、
なぜか静止画なんですよ。
音はするけど、静止画で展開されます。
なんで動かさない? ガンダムの対決シーンの演出としては最低かもしれない。

18.戦闘シーンの使いまわし バンク祭り
もはや戦闘シーンは使いまわし天国です。
特に地上戦の映像は最低ですね。全く同じものが出てきて、見る価値がなくなってます。
確かにどのガンダムシリーズも量産型の戦闘シーンなんかは使いまわしですが、
このSEEDの場合は、多すぎます。
おまけに、ガンダムの戦闘シーンも使いまわしだからね。
同じ戦闘ばっかりだからおもしくない。
だから、まともに見なくなるんだよ。。。

19.ローエングリンで宇宙へ?
アークエンジェルが宇宙へ上がる際に、ブースターを追加して、
空に向かってローエングリンを撃つと何かが起きて推力を推進してくれるらしい。
オーブのじじい技術者によって説明があったけど、
よくわからなかった。。。もう一度見ないとなぁ。

20.キラが悟りを開いた理由
ラクスの家で手当てを受けていたキラが、
戦いの目的を見つけてフリーダムに乗って地球に戻ります。
ですが、なんで目的を見つけたんだろう? どうやって?
第三勢力になって、武力を排除するという考えにいたったのはなんでだ?
この展開が急に感じるんだよなぁ。
明確に言及する必要はないけど、もう少し葛藤とか悩みどころを描いてもらいたいんだよね。
やっぱりザフトのクライン派から随時情報が共有されていて、
それで状況を理解して判断したってことなのかな?
それにしても、他の葛藤描写と比べると薄いよね。
コーディネーターに悩んだり、
フレイの肉体に悩んだりしたときの方が描き方としてはうまい。
内容は別として(笑)

21.キラとアスランの仲直り
キラとアスランの和解があっさりしている気がする。
あっさりというか、マルキオあたりから何か聞いたのかな?
苦戦しているフリーダムガンダムを見て助けるんだけど、
動機がやっぱり良くわからない。
なにより、ガンダムを降りて再会するシーンで、
ミゲルやニコルとかのことを思い出して怒鳴っても良いはずなのに。。。
この後アスランが煮え切らない男になってしまうのは、
このときの葛藤を我慢した影響だったりして(笑)

22.連合軍初の強化人間3人組&アストレイ3人娘不要説
彼らの登場は必要だったのか?
ゲテモノガンダムを登場させる必要はあったのかね?
それと、オーブの3人娘。アストレイに乗って出撃してるけど、いらないと思うなぁ。

23.メロドラマは別れまで続いていた
一旦収束したメロドラマですが、キラがMIAになったことで、再び登場します。
いらないよ、ガキの恋愛もどきなんて(笑)
恋愛話を削除したら、もっといろいろ描けたのでは?

24.ラクスって何者?
スピットブレイクが失敗したことによって追い込まれたパトリック・ザラは、
その原因をクライン派に仕向けます。
それを受けてなのか、ラクスは平和を願う歌姫として、
プラント内部で反戦活動を繰り広げるのです。
ゲリラ電波大作戦です。
これによって、エターナルを奪取したりするんですけど、
すごいカリスマ性があるんだろうね。
このカリスマは突然頭角を現してくるので、
この点も背景や理由が欲しいところです。
これじゃ出来レースですもん。

25.残虐シーンてんこ盛り
機動戦士ガンダムSEEDは残虐なシーンと性的なシーンが多いことで問題視されていたそうです。
この残虐シーンもうんざりします。
なにゆえアニメの殺害シーンでモザイクを入れるかねぇ。
むしろ、モザイクを入れないといけないようなシーンを盛り込むこと自体が問題でしょ。

26.バルトフェルド復活
ラゴゥが爆発してアイシャが死んだのに、生きていました。
片目とか足とか失っていますが、前線復帰です。
が!あっさりザフトを裏切ってラクス一派に参画します。
どうやら戦いの中で何かを見つけたらしいけど、
それがなんなのか良くわからない。

27.ライバル不在
この作品にはライバルがいません。
アムロとシャアのような永遠のライバルといった関係が描かれません。
だれもがライバルになることが出来るし、
だれもが強敵になることが出来る作品ではなかろうかと思います。
キラとアスランはライバルではなく友情です。
ムウ・ラ・フラガとラウ・ル・クルーゼの関係もライバルに到達できてないし、
パトリック・ザラとウズミあたりでライバル関係を構築して、
その配下で対立構図を作り上げても良かったのでは?
ちょっと小さいかな?

28.思想や主義を共有していない
機動戦士ガンダムとかでは、ニュータイプという能力を活かして、
敵と味方がわかりあったりするし、思想や主義を議論したりします。
機動戦士ガンダム00では、GN粒子によって人類は意思疎通を図れたりするわけですが、
機動戦士ガンダムSEEDの世界では意思疎通はありません。
想いが一緒の者たちが集まって戦いますが、
その想いは敵方に共有されません。
ラクスの電波や演説みたいなので発信はしますが、議論はしません。
見ている側は推測すればよいけど、展開としては共有とかされていないとムリなところが多すぎ。
これでわ、単なるゲリラにしか見えないし、先頭はごった煮になりますな。
大型兵器による攻撃などで、たんなる復讐だけで戦闘が繰り広げられて、
それを良しとしない第三勢力が止めようとするけど、うまくいかない。。。
って、うまく行くわけないだろ。。。
それを大変だとか悩んでもねぇ。

29.フリーダムガンダムとジャスティスガンダム
ストライクガンダムまでは無骨さがあったから許そう。
でも、フリーダムガンダムは性能がすご過ぎるでしょ。
パワーだけじゃなくてマルチロックオンとかミーティアとかさ。
マルチロックオンの疑問は、合計5門の砲火を浴びせるわけだけど、
一発しか発射しないのに、敵軍を全滅させれるのはなぜだろ?
多分数回発射してるんだよね? それともビームが曲がるの?
こんな演出にするからスーパーロボットとか言われるんだよ。
動きも無駄に速すぎるし。。。プロヴィデンスの方が好きだなぁ。。。

30.コーディネーターの歴史と因縁
最終回寸前に明らかにされたキラ出生の秘密とコーディネーターの歴史。
これこそ、もう少し早く、そしてもっと長く時間を取るべきでしょ。
色恋ネタなんかいらないからさぁ(笑)

31.最後の勝者は、ラウ・ル・クルーゼである
勝者は、クルーゼだよね。最後の最後まで分かりあうことすらしないで、
自分の思いを貫き通して、いくつもの悲劇を引き起こすことが出来たわけだから、満足でしょ。
キラは、説得と会話で道を開こうとしますが、聞き入れてもらえず論破されてます。
結果、ボロボロとなった世界は平和を誓い合いますが、数年後に戦争が再発します。
戦いは終わらないということで、クルーゼの陰謀は再度発動されるというわけです。
SEED DESTINYでもひっぱられているわけだからね。

いやぁ、

すべて見終わって。。。

放送当時は、ブログなんてない時代だったから、

良くわからなかった放送とかは、

ニュースグループとかでレビュの記事とかを見て理解した記憶があります。

いや、2ちゃんねるだったかな?

今では、ブログが主流ですよね。

そんな過去を思い出しながら、

やっぱり無敵ガンダムコンビの活躍がすごすぎて、

ただすご過ぎて、

あんまり共感できる感じがしない。。。

キャラクターデザインを変更して、

ストリーを見直したら名作になるのではないかと思ったりします。

結局、映画かも頓挫しているようなので、

ここは一発宇宙世紀もので盛り返しても良いのでは?

さて、ここで疑問。

やっぱり機動戦士ガンダムSEED DESTINYはいらなかったな。

この状態と後日談だけでよかったと思うなぁ。。。

次は、機動戦士Vガンダムを見てみようかな。。。

機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻>
バンダイビジュアル
2004-03-26

ユーザレビュー:
どうだろ・・・戦争そ ...
運命に比べたらねキラ ...
敢えて言おう、カスで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



機動戦士ガンダムSEED 1 [DVD]
バンダイビジュアル
2003-03-28

ユーザレビュー:
そんなに悪くない初代 ...
もはや兵器の域をこえ ...
見てみましたが。正直 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

サッカー小僧
2009年04月22日 21:09
はじめまして!
サッカー小僧です。
僕も最近見直したばかりなんです。
いやぁ・・僕とおんなしことうをしている人が
いるなんてびっくりです!
今度はディスティニーを見てみてはどうですか?